TOPICS

第1回:「民主主義優等生」と「資源の呪い」=セネガル大統領選

アフリカ西部で「民主主義の優等生」と見られてきたセネガルが、大統領選挙を巡り揺れている。憲法の3選禁止規定で次回選に立候補できないサル大統領は2月3日、約3週間後に予定されていた大統領選を12月まで延期すると発表し、国会も賛成多数で承認した。延期は1960年の独立以来初となる異例の事態だ。(平野光芳

フロンティア・アフリカ

    該当する記事がありません。