TOPICS

三菱重工、火力発電所巡り日立との仲裁申し立て

三菱日立パワーシステムズ(MHPS)が南アフリカで手掛ける発電所ボイラー建設プロジェクトの損失を巡る問題で、日立製作所は8月22日、三菱重工業が一般社団法人日本商事仲裁協会(JCAA)に仲裁を申し立てたと明らかにした。支払い請求額は907億7,900万ランド(68億8,400万ドル)に増額されている