クウェート議会選、反政府派が躍進

クウェートで11月26日に行われた国民議会(一院制、定数50)の選挙は、サバハ家を中心とする政府に反対する勢力が24議席を獲得し、大きく躍進した。原油価格の下落に伴う緊縮政策への国民の不満が表れた格好だ。AFP通信などが伝えた。 クウェートは過去16年間、財政黒字を維持し続けていたが、歳入の9割以上