世界初のマラリアワクチン、サハラ以南で試験展開へ

世界保健機関(WHO)は11月17日、マラリアワクチン「RTS,S」を、2018年からサハラ以南のアフリカで試験展開すると発表した。 「RTS,S」は、英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)が開発した世界初のマラリアワクチン。アフリカで1万5,500人の子どもを対象とした第3相臨床試験で効果が