クウェート、電力部門の民営化を検討

クウェート政府は、電力部門の民営化を検討している同国の官民パートナーシップ局(KAPP)の高官の話として、東経済誌MEEDが11月2日伝えた。 民営化は、政府支出の大きい電力水省のコスト削減が狙い。現在、同省本体を売却する案、KAPP主導で売却を進める案、保有資産を民営化する案が検討されている。既に

電力・ガス・水道