バグダッドで自爆テロ、250人が死亡

イラクの首都バグダッドで2日夜、自動車爆弾が爆発し、少なくとも250人が死亡した。同市としては2003年のイラク戦争以来の惨事。イスラム教過激派組織「イスラム国(IS)」が犯行声明を出している。BBCなどが伝えた。 現場は繁華街カッラダ地区で、ラマダン終了を間近に控え、買い物を楽しむ人々でにぎわって