カタール航空CEO、排出実質ゼロは「不可能」

  • 2023/05/25(木)

カタール航空のアクバ・バクル最高経営責任者(CEO)は、航空業界が掲げる2050年までに排出量を実質ゼロ化するという目標の達成について、懐疑的な見方を示した。持続可能な航空燃料(SAF)の開発・供給が遅れていることを理由に挙げている。同氏の発言を元に、ロイター通信などが5月23日伝えた。

関連記事

ページ上部へ戻る