クウェート首相が辞表提出=内閣総辞職

  • 2023/01/25(水)

クウェートのアハマド・ナワフ・サバハ首相は1月23日、ミシャル皇太子に辞表を提出した。財政改革などを巡る、政府と議会の対立が背景にある。同国では、昨年10月にサバハ氏率いる新内閣が承認されたばかりで、発足から4カ月足らずでの総辞職となる。国営クウェート通信(KUNA)が伝えた。

関連記事

ページ上部へ戻る