サウジ、中東最大の太陽光発電プラント建設へ

  • 2022/12/02(金)

サウジアラビア政府系基金パブリック・インベストメント・ファンド(PIF)傘下の公益事業会社バディール(Badeel)は11月30日、電力会社ACWAパワーと設置容量2,060メガワットの太陽光発電プラントの開発に向けた契約を締結した。完成すれば、中東最大の太陽光発電施設となる。国営サウジ通信(SPA)が伝えた。

関連記事

ページ上部へ戻る