米大統領、7月に中東歴訪=石油増産呼び掛けへ

  • 2022/06/16(木)

米ホワイトハウスは6月14日、バイデン大統領が7月13~16日にサウジアラビアとイスラエル、パレスチナを歴訪すると発表した。バイデン氏が中東を訪問するのは、大統領就任以来、初めて。サウジのムハンマド皇太子やイスラエルのベネット首相らと会談し、湾岸協力会議(GCC)首脳会議(サミット)にも参加する予定。ロシアのウクライナ侵攻を受け、米国内でガソリン価格が過去最高水準に高騰する中、各国に石油増産を呼び掛けるとみられている。

関連記事

ページ上部へ戻る