第72回:外部ショックへの耐性を見せるエジプト経済

  • 2022/05/26(木)

ロシアによるウクライナ侵攻が始まり3カ月。コロナ禍においても堅調な成長を維持してきたエジプト経済であったが、戦争が長引く中で悪影響が出始めている。エジプトの主な輸入品である石油や小麦の市場価格は世界的に高騰し、その後も高止まりしている。紅海沿いのリゾート地を賑わせていたロシアとウクライナからの観光客は大きく減少した。これに加えて、米国が自国の政策金利を引き上げる中、エジプトも他の新興国と同様に国債市場から外国資本の一部が流出。外貨準備高は3月末時点で前月比10%減少した。危機的な水準ではないとの見解が多いが、推移を注視する必要がある。(福山豊和=ジェトロ・カイロ事務所長)

関連記事

ページ上部へ戻る