OPEC、第4四半期の原油需要見通し引き下げ

  • 2021/09/15(水)

石油輸出国機構(OPEC)は9月13日に公表した最新の石油市場月報で、第4四半期(10~12月)の世界原油需要見通しをやや引き下げた。新型コロナウイルスのインド由来の変異株「デルタ株」の感染拡大により、需要回復が一部来年にずれ込むためとしている。今年の世界原油需要が前年比で日量約600万バレル拡大するとの見通しは維持した。

関連記事

ページ上部へ戻る