イスラエル、UAEとの石油輸送契約を見直しへ

  • 2021/07/26(月)

イスラエル政府は、石油パイプラインを運営する国営企業ヨーロッパ・アジア・パイプライン・カンパニー(EAPC)がアラブ首長国連邦(UAE)のメッド・レッド・ランドブリッジ(MRLB)と交わした契約を見直すもようだ。期待されたような経済効果が見込めないと判断したため。現地紙ハアレツが7月23日伝えた。

関連記事

ページ上部へ戻る