サウジアラムコ、サイバー攻撃で一部データ流出

  • 2021/07/23(金)

サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコは7月21日、サイバー攻撃により、同社のデータの一部が流出したと認めた。今回の発表は、流出したデータ削除のため、同社が犯人から5,000万ドルの身代金(ランサム)を要求されていると伝えた報道を受けた動き。同社の声明を元に、フィナンシャル・タイムズなどが伝えた。

関連記事

ページ上部へ戻る