第9回:ドバイ万博まであと100 日=コロナ禍克服と万博成功への挑戦

  • 2021/07/15(木)

ドバイ国際博覧会(万博)の開幕まで100日となった6月23日、ドバイのムハンマド首長は自身のツイッターにカウントダウンを祝う動画を投稿し、改めて万博の開催を強調した。「アラブ首長国連邦(UAE)は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)から最も早く立ち直る国となる」との宣言が出された昨年12月から半年、コロナとの戦いは依然として続いているものの、UAE/ドバイでは「バック・トゥ・ノーマル」に向けた野心的な取り組みがなされ始めている。この状況においても万博を成功させるという難問を前に、ドバイの挑戦が続いている。

■観光客を取り戻してこその「バック・トゥ・ノーマル」

メディアにてよく報道されるように、UAEはコロナへの対抗策として、ワクチンによる鎮静化にいち早くかじを切った。英フィナンシャル・タイムズによると、6月30日時点でUAEの100人当たりワクチン接種回数は154.7回と、世界1位を記録している。こうした努力もあり、特にドバイではコロナ関連の規制が次々と緩和され、ショッピングモールやレストランもにぎわいを徐々に取り戻している。また、公立学校では新学期が始まる8月29日から教室での授業が再開予定など、コロナ前の日常生活が順調に戻りつつあると言える。

関連記事

ページ上部へ戻る