サウジ経済、今年は2.4%拡大へ=IMF

  • 2021/07/12(月)

国際通貨基金(IMF)は7月8日、サウジアラビアの今年の国内総生産(GDP)が2.4%拡大するとの見通しを示した。同国の経済は新型コロナウイルス危機から順調に回復しており、特に非石油部門は4.3%増と力強い伸びを示すとみている。石油部門については、石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟産油国で構成する「OPECプラス」の減産体制を背景に、マイナス0.4%になると予想する。

関連記事

ページ上部へ戻る