アルジェリア、欧州につながる新ガス導管が開通

  • 2021/05/13(木)

アルジェリア北西部で、欧州につながる新たなガス導管「EGPDF」が開通した。総工費は320億アルジェリアディナール(2億4,000万ドル)。開通式には、アルカブ・エネルギー相と国営石油・ガス会社ソナトラックのタウフィク・ハッカー最高経営責任者(CEO)が参列している。中東経済誌MEEDなどが伝えた。

関連記事

ページ上部へ戻る