スエズ座礁事故、運河庁が賠償請求を30%減額

  • 2021/05/12(水)

エジプトのスエズ運河で大型コンテナ船「エバー・ギブン」が座礁した事故を巡り、スエズ運河庁は、船主の正栄汽船(愛媛県今治市)に対する賠償請求額を30%ほど引き下げたと明らかにした。同庁のラビア長官の発表を元に、通信社ザウヤなどが5月10日伝えた。

関連記事

ページ上部へ戻る