サウジ経済、3四半期連続でマイナス成長

  • 2020/07/01(水)

サウジアラビア中央統計局は6月30日、2020年第1四半期(1~3月)の実質国内総生産(GDP、速報値)が前年同期比1%減少したと発表した。リセッション(景気後退)入りした19年第4四半期の0.3%減から、落ち込みが加速している。
サウジ経済の原動力である石油産業は4.6%縮小。一方、非石油産業は1.6%拡大した。うち公共は1.9%、民間は1.4%それぞれ増えている。

関連記事

ページ上部へ戻る