エジプト、給与の1%源泉徴収へ=新型コロナ対策

  • 2020/05/22(金)

エジプト政府は5月20日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)を受けた政府の各種対策の財源を確保するため、国民の給与から1%相当を源泉徴収する法案を閣議決定した。ロイター通信が伝えた。
同法案では月額2,000エジプトポンド(130ドル)を控除額に設定。7月から向こう12カ月間にわたり、給与の1%を天引きする。また、年金受給者も給付額の0.5%が差し引かれる。

関連記事

ページ上部へ戻る