ジンバブエ、500メガワットの太陽光発電所建設

  • 2020/05/20(水)

ジンバブエ電力供給局(ZESA)の送電・配電部門ZETDCが、設置容量500メガワットの太陽光発電プラントの建設を計画している。再生可能エネルギーの促進と電力不足の解消が狙い。ZETDCの発表を元に、ロイター通信が5月18日伝えた。

関連記事

ページ上部へ戻る