南ア、5月末までに大半の地域で規制緩和

  • 2020/05/15(金)

南アフリカのラマポーザ大統領は5月13日、新型コロナウイルス対策で実施している封鎖措置を5月末までにさらに緩和する方針を示した。多くの地域で現行の警戒水準「レベル4」から「レベル3」に引き下げるが、主要都市など感染者の多い地域ではレベル4を維持する計画。ロイター通信などが伝えた。
ラマポーザ大統領はテレビ演説で、封鎖措置の緩和を慎重に進める意向を表明。「目標はウイルスの感染を減らす措置を講じながら、経済活動を着実に増やしていくこと」との立場を示した。

関連記事

ページ上部へ戻る