世界の原油価格、17年ぶりの安値に

  • 2020/03/20(金)

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、世界的に原油価格の下落が続いている。国際価格の指標であるブレント原油価格は3月18日、2003年以来の低水準となる1バレル当たり24.88ドルまで下がった。19日にはやや回復したものの、各国で導入される移動制限などが需要の低下要因となり、さらに下落する可能性もある。フィナンシャル・タイムズなどが伝えた。

関連記事

ページ上部へ戻る