仏米テクニップ、アンゴラ沖で海底機器契約

  • 2020/03/11(水)

仏米資本の油田設備・エンジニアリング大手テクニップFMCは3月10日、英石油メジャーのBPのアンゴラ子会社から、同国沖18鉱区での海底油田開発に向けて、海底機器の統合設計・調達・建設・設置(EPCI)を受注したと発表した。

関連記事

ページ上部へ戻る