サウジ、巡礼者含め感染国からの入国制限

  • 2020/02/28(金)

サウジアラビアの外務省は2月26日、聖地巡礼者を含め、新型コロナウイルスの感染国からの入国を制限すると発表した。ウイルス流入や感染拡大を阻止するための措置だが、具体的な対象国は明らかにしていない。同国では現時点で感染者は出ていないものの、イランを中心とする中東の近隣諸国では感染が拡大している。

関連記事

ページ上部へ戻る