独ウィンターシャル、ナイルデルタで新鉱区探査

  • 2020/02/13(木)

独化学大手BASFとロシアの投資会社レターワン(L1)グループによる石油・ガスの合弁会社ウィンターシャルDEAは2月10日、エジプトのナイルデルタにある東ダマンフール鉱区の探査を行うことで同国政府と合意したと発表した。最低でも4,300万ドルを投資する取り決めで、エジプト政府は1,100万ドルを補助する。第1段階の探査期間は3年間で、年内に開始する計画だ。

関連記事

ページ上部へ戻る