UAE、ジュベル・アリで大型ガス田を発見

  • 2020/02/05(水)

アラブ首長国連邦(UAE)政府は2月3日、ドバイ首長国とアブダビ首長国の境界一帯で大型の新ガス田が発見されたと発表した。ジュベル・アリ(Jebel Ali)エリアに位置するこのガス田は、80兆立方フィート(2兆2,650億立方メートル)の埋蔵が見込まれており、過去15年に世界で発見されたガス田で最大規模との見方もある。両首長国は今後、同ガス田を共同開発する。
これに向け、アブダビ国営石油会社(ADNOC)とドバイ供給庁(DUSUP)は2日、戦略的提携を結んだ。共同探査を継続するとともに、地層の浅い部分に埋蔵するシャローガスを開発する。この共同プロジェクトは「ジュベル・アリ」と名付けられ、生産したガスをDUSUPに供給し、「ドバイ首長国の経済開発とエネルギー安全保障に役立てる」としている。

関連記事

ページ上部へ戻る