第54回:レバノン経済に影落とす政治的脆弱性

  • 2020/01/23(木)

カルロス・ゴーン被告の予想外の逃亡でメディアを賑わせたレバノン。かつての栄華の一方、1975年以降の内戦でその地位は完全に崩壊した。昨今の反政府圧力の高まりは、その繰り返しの予兆なのか。政治と経済の関係を中心に、レバノン経済の概要と先行きを論じる。

関連記事

ページ上部へ戻る