安倍首相、アブダビ皇太子と会談

  • 2020/01/15(水)

安倍首相は1月13日、アラブ首長国連邦(UAE)でアブダビ首長国のムハンマド皇太子と会談した。両国の戦略的提携の強化や緊張が高まる中東情勢の安定化、日本の船舶の安全航行などについて意見を交わした。両国は併せて、共同石油備蓄事業に関する覚書を締結した。
安倍首相は、両国の戦略的パートナーシップを一層強化したいとした上で、UAE国民に対する旅券の事前登録を不要とする完全なビザ(査証)免除措置を導入する方針を表明。これに対しムハンマド皇太子は、両国間の人的往来が一層活発化することへの期待感を示したほか、石油や防衛などを含む幅広い分野で協力をさらに深化させていくとした。

関連記事

ページ上部へ戻る