ラーブ英外相、イラン危機で米国務長官と会談

  • 2020/01/10(金)

英国のラーブ外相は1月8日、訪問先の米ワシントンでポンペオ米国務長官と会談し、中東でイランは脅威をもたらしており、米国には自衛権があるとの考えを示した。同外相は「緊張緩和を望んでいる」として、外交的解決への支援を繰り返し強調している。BBC電子版が伝えた。

関連記事

ページ上部へ戻る