トルコ経済、リセッション脱却

  • 2019/12/03(火)

トルコ統計局(TUIK)は12月2日、2019年第3四半期(7~9月)の実質国内総生産(GDP)が前年同期比0.9%増加したと発表した。3期連続のマイナス成長からプラスに復帰し、リセッション(景気後退)を脱却した。

関連記事

ページ上部へ戻る