スーダン暫定政権、バシル前大統領の政党を解体

  • 2019/12/02(月)

スーダンの暫定政府機構は11月28日、30年にわたり圧政を敷いたバシル前大統領の政党・国民会議党(NCP)を解体する法案を承認した。併せて、前政権が女性の権利を制限するために利用してきた公共秩序法を廃止する法案も承認している。いずれも、バシル政権追放につながった民主化運動の主な要求項目だった。

関連記事

ページ上部へ戻る