南アフリカ航空、破綻の危機に

  • 2019/11/29(金)

経営難に陥っている南アフリカ航空(SAA)が、破綻の危機にひんしている。先に実施された主要労働組合によるストライキで財務状況が急激に悪化したためで、11月は従業員に給与の半分しか支払えず、事業継続に向けた資金調達も難航している。ゴーダン公共企業相の話を元に、フィナンシャル・タイムズなどが11月27日伝えた。
公共企業省は事業を存続させるためSAAと協議中で、さらなる支援に必要な緊急対応策を提示するよう求めている。関係者によると、同社は向こう数日以内に20億ランド(1億3,500万ドル)の運転資金を確保できなければ、破綻申請を行わざるを得ない可能性もある。SAAと財務省は報道に関して、コメントを控えている。

関連記事

ページ上部へ戻る