製薬テバ、第3四半期は16.1%減益

  • 2019/11/11(月)

ジェネリック薬(後発医薬品)で世界最大手のテバ・ファーマシューティカル・インダストリーズ(イスラエル)は11月7日、第3四半期(7~9月)の純利益が6億3,700万ドルとなり、前年同期比16.1%減少したと発表した。主力の北米や欧州が不振だった。

関連記事

ページ上部へ戻る