政府と反政府勢力、統一政権発足を延期

  • 2019/11/11(月)

南スーダンのキール大統領と反政府勢力を率いるマシャール前副大統領は11月7日、ウガンダで会談し、統一政権発足の期限を現行の11月12日から100日間遅らせることで合意した。内戦再開の危機をいったん回避した格好となる。ウガンダ大統領府の発表を元に、ロイター通信などが伝えた。

関連記事

ページ上部へ戻る