米主導のホルムズ有志連合、本格始動=7カ国

  • 2019/11/11(月)

ホルムズ海峡などにおける船舶の安全確保に向けた米国主導の有志連合が11月7日、バーレーンを本拠に正式に活動を開始した。アルジャジーラなどが伝えた。
同有志連合には、米国と米海軍の第5艦隊が司令部を置くバーレーンのほか、サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、英国、オーストラリア、アルバニアの7カ国が参加。なお、欧州諸国の大部分は、イラン核合意を弱体化させる恐れがあるとして、参加を見送っている。

関連記事

ページ上部へ戻る