エミレーツ航空、上半期は4倍弱に増益

  • 2019/11/08(金)

アラブ首長国連邦(UAE)ドバイ首長国のエミレーツ航空は11月7日、上半期(4~9月)の純利益が8億6,200万ディルハム(2億3,500万ドル)となり、前年同期から4倍弱に拡大したと発表した。燃料価格の下落が追い風となったほか、コスト削減策が奏功した。
売上高は3%減の473億ディルハム。利益率は1.8%と1年前から1.3ポイント改善した。燃料費は13%減っている。

関連記事

ページ上部へ戻る