マジド、2025年までに使い捨てプラを廃止へ

  • 2019/11/07(木)

アラブ首長国連邦(UAE)ドバイ首長国の小売・娯楽施設運営大手マジド・アル・フッタイム(Majid Al Futtaim、MAF)は、運営する全施設・店舗での使い捨てプラスチックの使用を、2025年までに段階的に廃止すると発表した。環境負荷の低減や、持続可能性を目指す戦略の一環。アラビアンビジネスなどが11月5日伝えた。

関連記事

ページ上部へ戻る