ネタニヤフ氏、組閣再び断念=3度目の総選挙も

  • 2019/10/23(水)

イスラエルのネタニヤフ首相は10月21日、9月の選挙結果を受けた組閣を断念した。ガンツ元参謀総長率いる中道連合「青と白」との大連立を模索していたが、交渉に失敗したため。リブリン大統領は代わりにガンツ氏に組閣を要請するとみられるが、こちらも政権樹立の見通しは低く、今年3度目の総選挙が実施される可能性も出てきた。ロイター通信などが伝えた。
ネタニヤフ首相はこの日、「過去数週間、ガンツ氏に交渉の席に着いてもらい、連立政権を樹立し、さらなる総選挙を回避するために全力を尽くした」とコメント。交渉失敗を受け、リブリン大統領に組閣の権限を戻す方針を示した。

関連記事

ページ上部へ戻る