日揮、モザンビークでLNGプラントの建設受注

  • 2019/10/10(木)

日揮ホールディングスは10月9日、建設エンジニアリング会社の米フルア(Fluor)および仏米資本の油田設備・エンジニアリング大手テクニップFMCと共同で、モザンビークの大型液化天然ガス(LNG)プラントの建設を受注したと発表した。契約先は米石油メジャーのエクソンモービルなどで構成される事業会社モザンビーク・ロブマ・ベンチャーで、年産能力1,500万トン以上のLNG設備などのEPC(設計・調達・建設)を担う。

関連記事

ページ上部へ戻る