中国CNPC、ペルシャ湾のガス田から撤退

  • 2019/10/08(火)

中国石油天然ガス集団(CNPC)が、ペルシャ湾にある世界最大級のサウスパース(South Pars)ガス田の開発プロジェクトからの撤退を決めた。イランは今後、同プロジェクトを単独で進めることになる。ザンギャネ石油相の発表を元に、ブルームバーグが10月6日伝えた。

関連記事

ページ上部へ戻る