総選挙、与党が第2党転落=組閣の行方複雑に

  • 2019/09/26(木)

イスラエルで9月17日に投票が行われた総選挙で、中央選挙委員会は25日、確定結果を公表した。ガンツ元参謀総長率いる中道野党連合「青と白」が33議席を獲得して第1党となり、ネタニヤフ首相率いる与党リクードは32議席とわずかに及ばなかった。1議席差の大接戦となったが、いずれの勢力も国会(一院制、定数120)での過半数獲得はならず、大連立も含めた組閣の行方が注目されている。

関連記事

ページ上部へ戻る