UAEのインフレ率、7月はマイナス2.2%

  • 2019/09/11(水)

アラブ首長国連邦(UAE)競争力・統計局は、7月の消費者物価指数(CPI、2014=100)が109ポイントとなり、前年同月比2.2%低下したと発表した。これで8カ月連続のマイナスで、下落幅は6月の1.5%から拡大した。
7月は運輸が5.8%低下。繊維・衣料品・履物は5.5%値下がりし、住宅・水道・電気・ガスは4.9%下落した。食品・飲料は2%のマイナスだった。一方、娯楽・文化は大きく21.7%上昇。教育は1.2%値上がりした。

関連記事

ページ上部へ戻る