第38回:エチオピア市場の開拓は「先難後獲」

  • 2019/07/25(木)

第7回アフリカ開発会議(TICAD7)が8月28日に横浜市で会期を迎える。TICADが3年に1度の開催となっていることで、少なくとも3年ごとに日本企業がアフリカ市場に注目するようになっている。アフリカは広大な地域に島しょ国もあれば、山岳国家もある。産油国もあれば、非資源国もあり、当然に経済水準も異なる。それぞれの国にビジネス拡大のための攻め筋があり、日本企業の努力が利益といった目に見える形で成果に結びつくのにかかる時間もまた異なる。外貨が慢性的に不足しているエチオピアの場合、短期的には当地産品の輸入を通じたエチオピア企業との関係づくりから始めたい。(関隆夫=ジェトロ・アディスアベバ事務所長)

関連記事

ページ上部へ戻る