IAEA、イラン情勢巡り特別理事会を開催

  • 2019/07/12(金)

イランが核合意義務の履行を停止したことを受け、国際原子力機関(IAEA)は7月10日、ウィーンで特別理事会を開き、対策を協議した。米国はイランの核合意違反を強く批判するとともに、IAEA加盟各国に団結してイランに対抗するよう呼び掛けたが、イランに対する具体的な措置は打ち出されなかった。

関連記事

ページ上部へ戻る