独シーメンス、イラクの発電所でタービン受注

  • 2019/07/11(木)

独総合電機大手シーメンスは7月9日、イラク南部マイサン県に建設されるコンバインドサイクル発電所(CCPP)向けの設備の供給およびサービスを受注したと発表した。契約額は2億8,400万ユーロ超。同CCPPは2021年3月までに運転を開始し、2022年初めにはフル稼働する見通しだ。

関連記事

ページ上部へ戻る