フーシ派、サウジの発電所を攻撃

  • 2019/06/21(金)

イランが支援しているとされるイエメンの反政府勢力フーシ派が6月19日夜、サウジアラビアの紅海沿岸シュケイク(Shuqaiq)の発電所に向かってミサイルを発射した。サウジ主導の連合軍によると、死傷者は出なかった。現地報道を元に、ロイター通信などが伝えた。

関連記事

ページ上部へ戻る