マリ中部の村で襲撃、100人近く死亡

  • 2019/06/12(水)

マリ中部モプティ州のドゴン族が住む村で6月10日未明、襲撃があり、100人近くが死亡した。このほか、少なくとも19人が行方不明になっている。犯行声明は出ていないが、対立するフラニ族による攻撃とみられる。地元当局の発表を元に、BBC電子版などが伝えた。

関連記事

ページ上部へ戻る