ネスレ、アブダビ投資庁と事業売却巡り協議

  • 2019/05/17(金)

食品で世界最大手のネスレ(スイス)は5月16日、スキンヘルス事業の売却を巡り、スウェーデンの投資会社EQTおよびアラブ首長国連邦(UAE)のアブダビ投資庁(ADIA)率いるコンソーシアムと独占協議に入ったと発表した。取引額は102億スイスフラン(101億1,600万ドル)に上る見通し。実現すれば、欧州では今年に入って最大規模の取引となりそうだ。

関連記事

ページ上部へ戻る