カイロ、世界で最も幅の広いつり橋が開通

  • 2019/05/17(金)
エジプトの首都カイロで5月15日、世界で最も幅の広いつり橋が開通した。軍部主導で進められている一連の巨大インフラプロジェクトの一環で、開通式にはシシ大統領が参列した。通信社ザウヤなどが伝えた。 新しい橋は、カイロ市内北部のナイル川に架かり、東部の紅海から北西部の地中海沿岸を結ぶ高速道路の一部に組み込まれている。160本のケーブルに支えられており、建設に使われたコンクリートは100万立方メートル、ワイヤーは全長1,400キロメートルに及ぶ。幅は最大で67.3メートル。片側6車線を備え、カイロ市内の渋滞緩和に貢献すると期待されている。 なお、新しい橋はナイル川の中州にあるワラック(Warraq)島を通過する。ワラック島の人口は推定10万人。住人の一部は、島が再開発の対象になるとして反対運動を行っていたが、シシ大統領は先に、再開発や強制立ち退きはしないと明らかにしている。

関連記事

ページ上部へ戻る